歯科医師の年収・給与はいくら?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

price.jpg

ここ10年の歯科医師の平均年収は
下り坂傾向にあります。

歯科医師の年収・給与をご存知ですか?

地域や経験・技術力によって変わりますが、月給はおおよそ30万〜60万円といわれており、そこに賞与を加えて年収500万円〜800万円というのが一般的のようです。

厚生労働省調査によれば、平成26年のにおける歯科医師の平均年収は約734万円。前年に比べて、上向きの数字となっています。

▼年度別 平均年収の推移

平成17年 904.8万円 平成22年 581.9万円
平成18年 549.3万円 平成23年 750.5万円
平成19年 780.0万円 平成24年 679.4万円
平成20年 737.9万円 平成25年 620.9万円
平成21年 724.3万円 平成26年 734.3万円

(厚生労働省 賃金構造基本統計調査より)


近年、右肩下がりと言われてきた歯科医師の平均年収ですが、昨年は少し持ち直しました。
しかし、ここ10年の推移を見ると、一時的に改善する年はあるものの、下り坂傾向にあるのは間違いないようです。
平均年収734万円といえば、一般のサラリーマンの2倍以上ですので、それだけを聞くと、十分高収入な印象を受けますが、数千万円かかる開業費用、開業後の維持費等を考えると決して高い数字ではないともいわれています。

さらに言えば、上記のデータはあくまで「平均」年収
母数となる歯科医師の中には、1,000万円以上の高収入を稼ぐ一部の歯科医師も含まれているわけです。つまり中には、平均年収に満たない収入しか得られない歯科医師が数多く存在していることになります。実際、歯科医師の4人に1人は年収200万円以下といわれており、それどころか、患者さんが集まらず廃業してしまう歯科医院も少ないようです。

これから開業の先生に、おすすめの無料ガイドブック
開業で失敗しない秘訣は、開業前に集客(集患)のしくみを作ること。

こちらのガイドブックでは、低コストでできる患者さんを集めるしくみづくりについて解説いたします。
無料でダウンロードできますので、下記をクリックしてぜひお申込みください。

top7_bnr02.png
 


▲このページのトップに戻る