歯科開業の現状

歯科医師になったからには開業して一国一城の主に・・・。こうした考えはごく当たり前のことですが、度重なる診療報酬のマイナス改定う蝕の減少歯科医院の乱立・・・今、歯科の開業は厳しい時代を迎えています。開業したものの3年以内に廃業する歯科医院も少なくありません。

こちらでは、歯科開業でありがちな失敗例や新規開業で失敗しないポイントをお話したいと思います。

 

genjitu.jpg

歯科医院が廃業する現実

開業して自分の理想とする治療を提供すれば、いつか患者さんに支持されて医院は大繁盛。そんな時代は終わりました。歯科医院が少なく、待合室に患者さんが溢れていた時代、開業さえすれば、黙っていても患者さんが来る、そんな古き良き時代は終わりを告げたのです。

開業歯科医の現実についてお話します。

→「歯科医院が廃業する現実」はこちらへ

 

udegaii.jpg

歯科医師の腕だけで、開業は成功するか?

「私はこの腕でライバルと差別化するから大丈夫」「私はライバル医院にはできない●●治療ができるから差別化できる」。勉強熱心な先生であればあるほど、そんな風に考えがちです。

しかし残念ながら、腕がいいだけでは開業に成功することはできません。腕がいいのになぜ成功しないのか?その理由をお話します。

→「歯科医師の腕だけで開業は成功するか?」はこちらへ

 

hajimaranai.jpg

いい治療をすれば歯医者さんの開業は成功するか?

最新の治療法に最高の材料、時間をかけたていねいな治療。こうした「いい治療」をしていれば、患者さんは集まってくるに違いない。そんな風にお考えの先生が少なくありません。

しかし現実は、そんなに簡単なものではありません。「いい治療」だけでは成功できない、その理由をお話します。

→「いい治療をすれば歯医者さんの開業は成功するか?」はこちらへ

 

← 歯科開業トップに戻る

これから開業の先生に、おすすめの無料ガイドブック
開業で失敗しない秘訣は、開業前に集客(集患)のしくみを作ること。

こちらのガイドブックでは、低コストでできる患者さんを集めるしくみづくりについて解説いたします。
無料でダウンロードできますので、下記をクリックしてぜひお申込みください。

top7_bnr02.png
 


▲このページのトップに戻る