歯科の広告戦略と医療機関の広告規制

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

開業しても、「歯科医院が開業した」ということを周辺地域の方に知っていただかないことには、患者さんは決して来院してくれません。

 

歯科医院の広告は
法律で規制されています。

周辺地域の方に先生の医院が開業したことを知っていただくために「広告」はとても重要です。

しかしながら歯科医院の広告は、医療法という法律の規制を受けています。患者さん保護のために、広告に記載して良いことと記載を禁じられていることが細かく決められているのです。

知らないうちに法律違反を犯してしまう・・・ということがないよう、開業時に広告を出す際には気をつけましょう。


法律の規制を受けない「ホームページ」をつかった
集客ノウハウが満載の無料ガイドブックプレゼントはこちらへ

 

__sozai__/0016154.png歯科医院開業 ワンポイントコラム

一昔、二昔前は、「広告を出している歯科医院は腕が悪い」などと言われていたようですが、今は「広告」を上手に使わなければ順調な開業は難しい時代です。

先生が開業しようとしている地域には、既に別の歯科医院が存在します。先生は後発で開業するのですから、先生が開業したことを地域の方々に知っていただき、先生の医院の良さをアピールしないことには、患者さんが既に通ったことのある歯科医院を変更してまで来院することはないからです。

 

 ← 前のページ「歯科の広告戦略と医療機関の広告規制」に戻る

 

これから開業の先生に、おすすめの無料ガイドブック
開業で失敗しない秘訣は、開業前に集客(集患)のしくみを作ること。

こちらのガイドブックでは、低コストでできる患者さんを集めるしくみづくりについて解説いたします。
無料でダウンロードできますので、下記をクリックしてぜひお申込みください。

top7_bnr02.png
 


▲このページのトップに戻る